憧れのネイリストになる│ネイルスクールで資格を取得しよう

有利に転職するために

メイク道具

メイクアップアーティストになるためには、特に資格は必要ありません。現場に入ってから、実務として学んでもらうというケースが多いものです。ただし、実務経験や資格があれば、有利に転職できます。そのため、転職事情について把握しておきましょう。まず、メイク業界は、美容師の実務経験があれば、転職が非常に有利という特徴があります。現場を把握しているため、飲み込みが早いだろうと判断されるからです。また、飲食店や販売業など、他業界からの転職も少なくないのが、業界の特色です。受付や接客などの対応力が評価されるからです。ここにメイクに関する資格を加えることがおすすめです。知識や技術をいちはやく習得できるとアピールできます。なお、美容師資格を持っていなくても、他の資格で評価は得られます。30代での転職も珍しくない業界です。ぜひ、他業界からの転職を考えている方は、資格取得を考慮してみてください。

メイクの検定は、民間団体のみが主催しています。まずは、メイクアップの技術検定を受けて資格を取得しましょう。この資格は、有名なメイクアップアーティストの多くが保持し、知名度が抜群のものです。1級から4級まであり、3級以上では実技も試されます。独学でも対応可能なものですが、スクールや通信教育を活用すると、正確な技術が身に付きます。これらの試験の特徴は、認定校のカリキュラムを修了することが求められます。これらの認定校に通うことで、他の検定とのダブルライセンスも可能となります。このように、資格によっては独学で可能なものがあります。ただし、スクールや通信教育を活用した方が、技術が身につく点は否めません。特にスクールは、正しい技術の習得には、大きな利点があります。スクールの中には、夜間コースもあれば、数ヶ月で終了できる短期コースもあります。ご自身の状況に合った選択を行いましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加